その4 経営情報を素早く、多角的に参照したい

クラウドERPでシステムが統合されているから経営判断に必要な情報を抽出して自由な切り口で分析が可能です。
GRANDIT miraimilで解決!
  • 販売管理システムも財務会計・管理会計もクラウドERP内の1つのデータベースに統合することで月次決算を早期化することができます。
  • 分析のためデータ整理やエクセル加工をしなくても、意思決定に必要な分析機能がすぐに使えます。
Point1

クラウドERPで月次決算を早期化

データの一元管理により、取引発生と同時に、関連する全ての業務データが自動的に更新されます。
そのため月次決算の早期化が可能です。
図:業務データの自動更新
図:月次決算の早期化イメージ
Point2

データが一元化され、高度な経営分析機能がすぐに使える

販売管理システムも財務会計・管理会計も1つのデータベースに統合され、分析のためのデータ抽出や2次加工をEXCELなどで行う必要がなく、高度な経営分析を行うことができます。
図:経営分析機能
クラウドERP「GRANDIT miraimil」に
関するご相談はこちら

メールでは伝えにくいご相談については、
オンラインでのWEB面談を実施しております。